PR

生ゴミの処理方法を解説!あの生ゴミのイヤな臭いのもとは『菌やカビ』。水分をどう減らすかが処理のポイント

生ゴミの処理方法を解説!
あの生ゴミのイヤな臭いのもとは『菌やカビ』。水分をどう減らすかが処理のポイント

家庭ゴミのなかで、とくに悩みが多いのが「生ゴミ」ではないでしょうか。

とくに夏場では生ゴミを数日置くだけで臭いがしたり、小バエが飛んだりして不快です。

また生ゴミは水分を含んでいるため重く、ゴミ置き場まで運ぶのが大変だったりします。

そこで、このページでは、生ゴミの処理の仕方をいろいろご紹介します。

きっと、いい方法があるのね

生ゴミのイヤな臭いの正体

生ゴミからでる、あのイヤな臭いの正体は、生ゴミをエサにして増殖したカビです。

とくに夏場は高温多湿になり、菌やカビが増殖しやすくなるため、すぐに生ゴミから臭いが発生します。

そして臭いが発生すれば、すぐに小バエが飛んできます。

どうにかならないの?

じつは解決方法はカンタンです。

菌やカビが増殖しないようにすればよいのですから、生ゴミに含まれる水分をいかに減らすかがポイントです。

では、どうやって生ゴミに含まれる水分を減らすのか、その方法を4つご紹介します。

①生ゴミを濡らさない

臭いを防ぐポイントは水分を減らすことなので、調理中もなるべく生ゴミを濡らさないようにしましょう。

たとえば・・

  • 野菜などは新聞紙を広げた上で皮をむき、そのまま新聞紙を包んで捨てる
  • 三角コーナーは水に濡れやすいので、なるべく使わない

このように生ゴミ自体を濡らさないようにしましょう。

②生ゴミをしっかり絞って水気を出す

三角コーナーにたまった生ゴミをビニールに入れるとき、しっかり生ゴミを絞って水気を出すと水分が減ります。

③食べ残しは新聞紙に捨てる

残飯などの食べ残しを捨てる時も、なるべく濡れない工夫をしましょう。

たとえば新聞紙に包むようにすれば、新聞紙が水分を吸い取るので生ゴミの臭いが抑えられます。

④生ゴミの袋の中に重曹をふりかける

生ゴミの臭いは酸性です。

あらかじめ生ゴミにアルカリ性の『重曹』をふりかければ、中和されるため臭いが出にくくなります。

生ゴミの水分を減らす方法ではありませんが、覚えておくといいでしょう。

生ゴミの水分を減らす4つの方法、おさらいします↓

生ゴミの「水分を減らす」4つの方法

  • 生ゴミを濡らさない
  • 生ゴミをしっかり絞って水気を出す
  • 食べ残しは新聞紙に捨てる
  • 生ゴミの袋の中に重曹をふりかける

これで、生ゴミの臭いは出にくい!

小バエの心配も無いわね!

でも、もっと簡単に水分を減らす方法があります。

しかも、その方法は自治体が助成金を出してまで推奨する方法です。

たとえば、こんなオシャレな機械で生ゴミを乾燥できたら良いなと思いませんか?

loofen(ルーフェン)っていいます。

とってもオシャレ!

今、意識の高い主婦層のあいだで、最新の生ゴミ処理機『ルーフェン』を使う人が増えています。

生ゴミ処理機を使っている人が増えています!

最近では、生ゴミ処理機の認知度が高まり、多くの方が生ゴミ処理機を購入して便利な生活を送っています。

ところが、今までの生ゴミ処理機は、だいたいこんな感じでした↓↓↓

我が家の生ごみ処理機(実物)

そして、実際使ってみて、こういうデメリットがありました↓

今までの生ゴミ処理機のデメリット

  • 運転中の音が大きい
  • 焦げたニオイが室内にこもる
  • 運転中は追加投入できない
  • 電気代がかかる

かといって、乾燥しないと生ゴミの臭いが気になるし、ヌルヌルもイヤだし、小バエが増える・・

今回は、ルーフェンが今までの生ゴミ処理機のデメリットをどのようにクリアしたのか紹介します!

【運転中の音が大きい・・】ルーフェンは『鉛筆の執筆音』と同じ静かさ

ルーフェンの運転音は30db。たとえて言えば鉛筆の執筆音と同じ静かさです。

キッチンで乾燥させながら、テレビを見たり家族と歓談することもできます。

ルーフェン利用者の口コミ

【焦げたニオイが室内にこもる・・】ルーフェンは強力脱臭+99.9%除菌

ルーフェンは独自の活性炭フィルターが、不快なゴミの臭いを強力脱臭。さらにバクテリアや細菌を99.9%除菌します。

また内部温度50℃の空気循環システムを採用しているので、生ゴミは焦げません。

よって焦げたニオイが室内にこもる心配もありません

【運転中は追加投入できない・・】ルーフェンは追加投入できるから三角コーナーはいりません

ルーフェンと他社の生ゴミ処理機の最大のちがいは、運転中でも生ゴミを追加投入できることです。

これによって、ゴミ箱感覚で生ゴミをポイポイ捨てることができるので、三角コーナーはもう必要ありません。

【電気代がかかる・・】ルーフェンはノートパソコンと同じ消費電力

ルーフェンは自動で電力調整するので電気代が大幅カットできます。

具体的には10w~130wの電力消費で、平均消費電力はノートパソコン並みです。

毎日使うものなので、電気代が安いのはうれしいですね。

ルーフェンが今までの生ゴミ処理機のデメリットをどのようにクリアしたのか、おさらいします!↓

ルーフェンがクリアした4つのデメリット

  • 運転中の音が大きい・・
    • ルーフェンは『鉛筆の執筆音』と同じ静かさ
  • 焦げたニオイが室内にこもる・・
    • ルーフェンは強力脱臭+99.9%除菌
  • 運転中は追加投入できない・・
    • ルーフェンは追加投入できるから三角コーナーはいりません
  • 電気代がかかる・・
    • ルーフェンはノートパソコンと同じ消費電力

とっても画期的ね!

ルーフェンは、ほかにもこんな特徴があります!

①キッチンカウンターに置けるデザインとサイズ!

今までの生ゴミ処理機は床に置くのが当たり前でした。

ところがルーフェンは、洗練されたデザインちょうど良いサイズで、キッチンカウンターなどの台の上に置くことができます。

もう生ゴミの出し入れに、かがむ必要はありません。

このサイズで4人家族まで対応できます。

ルーフェン利用者の口コミ

②AIが風量調節するのでボタン一つでエコ運転!

ルーフェンは生ゴミの量によって自動で電力調整するので、電気代を大幅カットできます。

しかも操作はボタン一つという手軽さです。

③お手入れ簡単。食洗機でも洗える!

ルーフェンはお手入れもとても簡単。

中のバスケットを出して水洗いをするだけです。

食洗機でも洗えるから、とっても楽!

使ってみたいけど、お値段が気になるわ・・

ルーフェンは通常価格76,780円(税込)のところ・・

公式サイト限定60,192円(税込)で購入できます。

24回払いなら月々2,508円(税込)です。

※別途送料1,320円かかります。

さらに、今ならビッグチャンス!

【キャンペーン終了間近!】10,000円クーポン付き!

今だけ特別価格49,192円(税込)でご購入できます!

※月々2,050円(税込)で24回の分割払い(2,050円×24ヶ月払い=49,200円)となります。

しかも公式サイトで買うと『特典付き』!

  • 活性炭脱臭フィルター2本
  • バスケットカバーサンプル5枚

合計5,460円分のセットをプレゼントします!

ご存じですか?

家庭用の生ゴミ処理機は『助成金支給対象品目』です。

購入金額の50%支給する自治体も多いので、ぜひご利用ください。

ほとんどの自治体が『先に購入して領収書を提出する』手続きです。

色はつぎの4色からお選びください。

生ゴミ処理機は「高いんじゃないの?」「扱い面倒なのでは?」と思っているあなた。

ワンタッチで生ゴミを乾燥できる「ルーフェン」は、きっとあなたのお役に立ちます!

ルーフェンなら、家事が変わる

10,000円クーポンのキャンペーン終了間近!

このチャンスを逃さないでください!

4人家族まで対応できる『生ゴミ処理機』選び5つのポイント

今回は、4人家族まで対応できる『生ゴミ処理機』選びの5つのポイントを紹介します。

①1日最大1kgの生ゴミを乾燥できる

環境省の調査では、1人1日あたりの生ゴミ量は226gとされています。

このデータは平成15年という少し古いデータであり、現在は環境問題の意識が高まっていることを考慮しても1日最大1kg」の生ゴミを乾燥できる処理機を選べば間違いありません。

②ニオイ対策をしている

生ゴミ処理機のデメリットは臭いがどうしても出ることです。

生ゴミの臭いや、乾燥させた時の焦げたような臭いがどうしても発生します。

生ゴミ処理機を選ぶときは、脱臭フィルターなどのニオイ対策をしている処理機を選ぶようにしましょう。

ニオイがすると置き場所に困る・・

③お手入れが簡単

生ゴミ処理機は生ゴミをあつかう機械なので、毎日のお手入れが欠かせません。

お手入れに時間がかかると面倒になり、使わなくなってしまいます。

よって、水洗いで簡単に洗えるような生ゴミ処理機を選びましょう。

④1年保証が付いている

生ゴミ処理機は毎日使うものなので、万一の故障に対する対応がしっかりしなくては困ります。

1年間無償で修理してくれる生ゴミ処理機を選びましょう。

⑤自治体の『生ゴミ処理機』購入の助成金に対応している

現在、生ゴミ処理機を購入した場合に助成金を支給している自治体が増えてきています。

自治体によっては、助成金の支給をうけると『実質半額』ほどで購入できて、とてもお得です。

生ゴミ処理機を選ぶ際は、助成金に対応している処理機を選ぶようにしましょう。

わたしの町では助成金が出るのかしら?

以上のポイントをおさらいします↓

4人家族まで対応できる『生ゴミ処理機』選びのポイント

  • 1日最大1kgの生ゴミを乾燥できる
  • ニオイ対策をしている
  • お手入れが簡単
  • 1年保証が付いている
  • 自治体の『生ゴミ処理機』購入の助成金に対応している

これらのポイントを満たした最もオススメな生ゴミ処理機をズバリ紹介します!

5つのポイントを満たした「生ゴミ処理機」3選


ルーフェン
SLW01

パリパリキュー
PPC-11

パナソニック
MS-N53XD
価格

60,192円

49,500円

80,270円
運転音

30db

36db

42db
消費電力

50w~130w

300w

800w
生ゴミの仕分け

不要

不要

必要
運転時の追加投入

可能

不可能

不可能
設置場所

卓上・床

床のみ

床のみ
公式サイト公式サイト公式サイト

おすすめな「生ゴミ処理機」ランキング3選!

ルーフェン(SLW01)

5.0

  • キッチンカウンターに置けるデザインとサイズ
  • 作動中にも、ゴミ箱感覚でポイポイ追加投入できるのはルーフェンだけ
  • ほとんど音を感じない静音設計
  • AIが風量調節するのでボタン一つでエコ運転
  • お手入れ簡単。食洗機でも洗える
価格
60,192円
運転音
30db
消費電力
50w~130w
生ゴミの仕分け
不要
運転時の追加投入
可能
設置場所
卓上・床

キッチンカウンターに置けるデザインとサイズ

今までの生ゴミ処理機は床に置くのが当たり前でした。

ところがルーフェンは、洗練されたデザインちょうど良いサイズで、キッチンカウンターなどの台の上に置くことができます。

もう生ゴミの出し入れに、毎回かがむ必要はありません。

作動中にも、ゴミ箱感覚でポイポイ追加投入できるのはルーフェンだけ

ルーフェンは生ゴミの仕分けをしなくてもよいです。

※火種が残っている焦げた食品、化学物質は避けてください。

しかも、ゴミ箱感覚で作動中もポイポイ追加投入できるので、もう三角コーナーは必要ありません。

追加投入ができる生ゴミ処理機はルーフェンだけ。衛生的な生活を送れます。

ほとんど音を感じない静音設計

今までの生ゴミ処理機では、作動音がもっとも大きなデメリットといえました。

ルーフェンは、ほぼ無音に近い30db。

たとえていえば鉛筆の執筆音と同じです。

AIが風量調節するのでボタン一つでエコ運転

ルーフェンは生ゴミの量によって自動で電力調整するので、電気代を大幅カットできます。

たとえて言えばノートパソコンと同じ消費電力。もちろん乾燥式の生ゴミ処理機としては最少です。

しかも操作はボタン一つという手軽さです。

お手入れ簡単。食洗機でも洗える

ルーフェンはお手入れがとても簡単。

中のバスケットを出して水洗いをするだけです。

食洗機でも洗えるから、とっても楽にお手入れできます。

ルーフェンは通常価格76,780円(税込)のところ・・

公式サイト限定60,192円(税込)で購入できます。

24回払いなら月々2,508円(税込)です。

※別途送料1,320円かかります。

さらに、今ならビッグチャンス!

【キャンペーン終了間近!】10,000円クーポン付き!

今だけ特別価格49,192円(税込)でご購入できます!

※月々1,863円(税抜)で24回の分割払い(1,863円×24ヶ月払い=44,720円)となります。

しかも公式サイトで買うと『特典付き』!

  • 活性炭脱臭フィルター2本
  • バスケットカバーサンプル5枚

合計5,460円分のセットをプレゼントします!

ご存じですか?

家庭用の生ゴミ処理機は『助成金支給対象品目』です。

購入金額の50%支給する自治体も多いので、ぜひご利用ください。

ほとんどの自治体が『先に購入して領収書を提出する』手続きです。

色はつぎの4色からお選びください。

「生ゴミは臭いしヌルヌル」「生ゴミはハエがたかる」と思っているあなた。

月々2,050円で生ゴミの不安をなくし、簡単に生ゴミを処理したいのなら、この「ルーフェン」はあなたのお役に立てます!

ルーフェンなら、きっと家事を変えてくれます

10,000円クーポンのキャンペーンは、いつ終わってしまうか分かりません。

このチャンスを逃さないでください!

パリパリキュー(PPC-11)

4.0

  • 5人分乾燥できて、49,500円はとても安い
  • コンパクトで、しかも36dbの静音設計
  • 生ゴミを仕分けする必要がないから簡単
価格
49,500円
運転音
36db
消費電力
300w
生ゴミの仕分け
不要
運転時の追加投入
不可能
設置場所
床のみ

5人分乾燥できて、49,500円はとても安い

パリパリキューは5人家族までの生ゴミを乾燥できて、49,500円はとてもお買い得です。

『生ゴミ処理機』購入の助成金が支給される対象自治体なら、実質半額ほどの金額で購入できます。

安さを求めるならパリパリキューがもっともオススメです。

コンパクトで、しかも36dbの静音設計

ルーフェンより一歩及ばないものの、パリパリキューの作動音36dbは静かといえます。

たとえて言えば図書館と同じ音の大きさで、家族の会話やテレビの視聴に影響はありません。

生ゴミを仕分けする必要がないから簡単

パリパリキューは生ゴミの仕分けをする必要はなく、ゴミ箱感覚で投入することができます。

しかし乾燥運転を始めると追加投入ができないので、その間の生ゴミは三角コーナーなどで溜まっていきます。

運転時も追加投入できるルーフェンのほうが便利で衛生的といえます。

パナソニック(MS-N53XD)

3.5

  • 「パナソニック」総合電機メーカーの安心感
  • 最大処理量2kgで、ゆとりの乾燥が可能
  • アマゾンでは80,270円で販売
価格
80,270円
運転音
42db
消費電力
800w
生ゴミの仕分け
必要
運転時の追加投入
不可能
設置場所
床のみ

「パナソニック」総合電機メーカーの安心感

パナソニックは日本を代表する総合電機メーカーであり、「パナソニック」と聞くだけで安心感を得られる方も多いはずです。

そのパナソニックが長年「生ゴミ処理機」を開発・販売してきました。

最大処理量2kgで、ゆとりの乾燥が可能

パナソニックの生ゴミ処理機の特徴は、最大で2kgまで乾燥できることです。

しかし、骨や卵の殻・貝類は撹拌(かくはん)できないために投入できませんし、多量のみかんの皮なども発火の恐れがあるとして投入できません。

これでは、せっかく2kgまで乾燥できるとしても、4人家族では多すぎて過剰です。

最大で1kgまで乾燥でき、しかも仕分け不要追加投入もできるルーフェンが使い勝手がよいと言えます。

アマゾンでは80,270円で販売

パナソニックの生ゴミ処理機は、アマゾンなどのネット通販で簡単に注文できます。

80,270円と少し高い印象がありますが、助成金対象の自治体なら、かなりお安く購入できるでしょう。

当サイトがオススメする『生ゴミ処理機』はルーフェン

今回は「生ゴミ処理機」選びに迷っているあなたに、乾燥式の生ゴミ処理機を選ぶなら何がおすすめかを紹介してきました。

4人家族まで対応できる『生ゴミ処理機』選びのポイント

  • 1日最大1kgの生ゴミを乾燥できる
  • ニオイ対策をしている
  • お手入れが簡単
  • 1年保証が付いている
  • 自治体の『生ゴミ処理機』購入の助成金に対応している

そして、以上の5つのポイントを満たした「生ゴミ処理機」を3商品ご紹介しました。

そのなかでも、価格面・運転音・電気代・使い勝手で考慮した最強の生ゴミ処理機は・・・

ルーフェンです。

「生ゴミは臭いしヌルヌル」「生ゴミはハエがたかる」と思っているあなた。

月々2,050円で生ゴミの不安をなくし、簡単に生ゴミを処理したいのなら、この「ルーフェン」は買いです!

ルーフェンなら、きっと家事を変えてくれます

10,000円クーポンのキャンペーンは、いつ終わってしまうか分かりません。

このチャンスを逃さないでください!

コトブキリサーチ