PR

CCNAの難易度はどれくらい?CCNA合格者の95%がIT人材になれるスクール

CCNAの難易度はどれくらい?
CCNA合格者の95%がIT人材になれるスクール

インフラエンジニアになるには『CCNA』取得を検討すべき

CCNAは、コンピューター機器大手・シスコ社による認定試験の1つで、インフラエンジニアを目指す人の必須の資格となっています。

日本国内ではネットワーク機器の*48.3%のシェアを誇るシスコ社。
CCNAの取得は、インフラエンジニアとして最低限の知識やスキルを持っていることの証明であり、今後ますます必要性が高まっています。

*参考:『IDC』2020年ベンダーシェア発表

また、CCNAの試験は2020年に改訂され難易度が上がりました。
それにより資格の価値も高まっているといえます。

CCNAの勉強をしたいけど難易度はどれくらいなのかな?

CCNAに合格するにはどれくらい勉強すればいいのかしら?

最初にCCNAの難易度はどれくらいなのかお伝えします。

CCNA取得の難易度は、160時間の勉強が必要な難易度

CCNAの合格率はシスコ社の公式発表がないので、難易度を計ることは難しいです。
ですがインフラ系の資格の中では初歩的な立ち位置にあることは間違いありません。

では、勉強しなくても合格するかといえば、それは無理です。

CCNAはネットワークの知識・技術を基本から理解する必要のある資格なので、基礎からしっかり勉強しないと合格はできません。

シスコ社が推奨するCCNAの受験基準

シスコ技術者認定の公式サイトでは、以下の基準を満たしてからの受験を推奨しています。

  • 1年以上のシスコソリューションの実装および管理経験
  • 基本的なIPアドレス指定の知識
  • ネットワークの基礎に関する深い理解

今の自分が上記の基準に達しているか判断しましょう。

CCNA試験の合格点

CCNA試験の合格点は825/1000点です。
100問前後の問題に対して75%以上の正答率があれば合格します。

120分の試験時間中、100問前後の問題がほぼ正解できる自信があるならCCNAに受験してもよいでしょう。

CCNA合格のための勉強時間

CCNA合格のために、どれくらい勉強時間が必要でしょうか。

スクールの公式サイトや合格した人のブログを多数確認しました。
100時間でよいというサイトもあれば、200時間が必要というサイトもあります。

これらの情報をまとめると160時間を目安に勉強すればよいでしょう。

  • 1日2時間勉強…3ヶ月
  • 1日6時間勉強…1ヶ月

上記を目安に勉強すればCCNAは合格できます。

以上のようにCCNAの難易度は、ネットワークでは初歩的といわれてますが、

  • シスコ社が推奨する基準に達している
  • 試験問題の75%以上正解する自信がある
  • 160時間の勉強をしてきた

これら上記の要件を満たす必要があり、けっして難易度はやさしいとは言えません。

CCNAは専門性の高い試験なので、しっかり勉強時間を作って取り組みましょう。

CCNAの勉強方法は独学がいいか、スクールがいいか

そこでCCNAの勉強をするにあたり「独学」か、「スクール」かの選択肢があります。

結論を先に言えば、勉強するあなたの性格や時間帯によるといえます。

独学の場合とスクールの場合、それぞれのメリットとデメリットを比較して決めましょう。

「独学」でCCNAの勉強をする場合

独学のメリット
  • 勉強の費用が参考書程度であまりかからない
  • 自分の好きな時間に勉強できる
独学のデメリット
  • 自己管理が苦手な人はダラダラとしてしまう
  • 勉強の進捗状況や理解度がわかりづらい
  • モチベーションが保てず挫折しやすい

「スクール」でCCNAの勉強をする場合

スクールのメリット
  • 合格へのスケジュールが立てやすい
  • 勉強の進捗状況や理解度が講師から伝えられる
  • 少ない回数で合格できる
スクールのデメリット
  • スクール代がかかる

以上のことを参考にして、独学で勉強するか、スクールで勉強するか決めましょう。

もしスクールを選択するとして、

  • オンラインなので好きな時間にどこでも勉強できる
  • 担当講師からサポートを受けられる
  • 安い費用でCCNAを学べる
  • CCNAに合格したら手厚い就職サポートを受けられる

こういうスクールがあるとしたら話しだけでも聞いてみませんか?

しかも、今なら1ヶ月集中して勉強すれば33,000円でCCNAがとれるスクール

そこで今回は、IT未経験者が最短1ヶ月で「CCNA」合格でき、しかも就活者95%が就職成功するオンラインスクール『ウズウズカレッジ』【CCNAコース】をご紹介します!

ウズウズカレッジ【CCNAコース】の紹介

ウズウズカレッジは設立10年目。*1万人以上が利用しているオンラインスクールです。

*学習支援、学習動画、就業支援の利用者数の累計

ウズウズカレッジの特徴を一言でいうと、

「CCNA合格と、就職・転職サポートが一体となったスクール」

CCNAの合格実績の多さはもちろん、合格したあとの就職サポートの厚さも他のスクールより秀でています。

そこで、ウズウズカレッジがなぜ合格実績が多く、就職率が高いのか。その理由を探ってみましょう。

ウズウズカレッジ【CCNAコース】をおすすめする3つの理由

①「完全eラーニング型」だから、自分のペースでCCNAが学べる

CCNA資格をとろうとしている人は、いろいろな立場の人です。

  • 大学生
  • 就業者
  • 離職者
  • 地方に住んでいるなど

いろいろな立場の人が学びやすい勉強スタイル。それが「完全eラーニング型」です。

ウズウズカレッジの講義はすべて動画で視聴でき、演習もeラーニングで完結するので、受講生の立場にあわせた学習ペースで勉強できます。

たとえば、

  • 大学生企業の面接までにCCNAを取りたい
  • 就業者半年後に転職したい
  • 離職者すぐにでも就職したい
  • 地方に住んでいる人3ヶ月後に上京したい

こういったニーズに合わせることができます。

また1度の受講で理解できないところは、何度でも受講できるので定着度も進みます。

ウズウズカレッジの勉強スタイルは、CCNA合格のポイントを、どなたでも学ぶことができるので安心です。

②「個別指導型」だから、CCNA合格まで完全サポート

ウズウズカレッジは「個別指導型」を取り入れたオンラインスクールです。
受講生には必ず1人担任講師がついて学習のサポートをします。

始めに担任講師と話し合いながら学習計画を立て、その計画に沿って勉強していきます。
担任講師の学習サポートは次の通りです。

  • 勉強していて分からないことはチャットで質問できる
  • 1週間に1回の頻度でミーティングし、学習の進捗状況を確認できる
  • インフラエンジニアの仕事内容や働き方について話しが聞ける

ウズウズカレッジはオンラインスクールでありながら、このような手厚い学習サポートがあるので安心です。

アドバイス

たとえば学校の先生を例にすればわかりやすいですが、相性の良い先生とそうでない先生がいたはずです。

担任講師も同じで、どうしても相性が合わない場合は担任講師の変更を申し出ることができます。

③就職希望者には手厚いサポート。だから安心して就活できる

ウズウズカレッジを運営している株式会社UZUZは、もともとIT希望者とIT企業をマッチングさせる会社。
そのため未経験者がIT企業に就職するためのノウハウが豊富です。

就職・転職希望者には、CCNA取得後スムーズな就活移行ができます。

  1. 仕事選びの条件に沿った求人選定
  2. 履歴書等、エントリー書類の添削
  3. 選考企業ごとに面接対策

なかでも面接対策は、各企業ごと面接の傾向データが蓄積されているので、「企業ごとに面接の練習をする」と口コミでも紹介されていました。

ウズウズカレッジは、就職・転職情報も豊富で手厚くサポートするので就活も安心です。

ウズウズカレッジ 3つのポイント

①「完全eラーニング型」だから、自分のペースでCCNAが学べる

②「個別指導型」だから、CCNA合格まで完全サポートしてくれる

就職希望者には「手厚いサポート」だから安心して就活できる

以上が、ウズウズカレッジがCCNAの合格実績が多く、就職率が高い理由です。

だから多くの人がCCNAを取得できて、就職・転職もできるんですね!

ウズウズカレッジの口コミ

ウズウズカレッジを利用した人の口コミを紹介します。

参考:『みん評』『コエテコキャンパス』『Twitter』

良い口コミ

コスパは良いと思います

他のスクールよりも安く受講できたので良かったです。

受講と転職が直ぐに直結するとのホームページの内容を見て受講しました。

基本がeラーニングでZoomの個別授業もあり、講師の方の個別のフォローもありましたが、未経験の30代の私が受講を終えて直ぐに転職を決意できるほどまでには至りませんでした。

学生などの年齢の若くて、これから就職する人やその業界で働いている人がステップアップのために受講する人に向いているような気がしました。(30代男性)

内定をもらいました!

自分もカレッジで内定をもらいました!

第2新卒、既卒で就活で悩んでいる人は是非受講してもらいたい!(20代男性)

面接対策は本当に手厚いです

以前こちらを利用して内定を取りました。

いくつか似たようなエージェントを並行していましたが、個人的にはここが一番良かったです。(中略)

面接対策は本当に手厚いです。1企業ごとにやってくれます。

大学のキャリセンとかでやるようなそれっぽいやつを想像して行ったんですが、全然違いました笑

その企業ならではの特徴や受ける職種のポイントを教えてくれます。

ここまでやってくれるところって他にはあまりないんじゃないかと…(20代女性)

悪い口コミ

担当講師によって教え方にバラツキがある

ウズウズのプログラミングコースを受講してましたが、あまり講師の教え方がよくなく身に付かなかったです。

初心者からの私からしたら教え方が分かりづらく、分からないことに関して悩んでいても教えてくれませんでしたし、出来る人と出来ない人の対応の違いもあり、おすすめはしません。

(20代女性・受講後転職成功した)

求人数が少ない

正直気になった点があまりなかったんですが、強いて言うなら求人数が少ないところ。

有名なエージェントよりは確実に減ると思います。(リク○ートとかは行ったら20社くらい出されて、そこから選んでくださいスタイルでした)

たくさん求人紹介して欲しい人には向かないかもしれません。(20代女性)

今回63の口コミを調べたのでまとめてみました。

良い口コミまとめ
  • 安い金額で講義をうけられ、CCNA資格が取れる
  • 1社ごとに面接練習をやってくれたり、就職サポートは手厚く感じた
  • 20代であれば内定をもらえたり、転職が容易
悪い口コミまとめ
  • 電話応対や担当者のマナーで不愉快な思いをした
  • 紹介されるのはほとんどSESで、思ったより求人数が少ない

ウズウズカレッジの利用者の中には、就職サポートのみで利用する人もいます。
CCNA資格の有る無しで紹介する企業も変わるので、そこを加味して口コミをご覧になるとよいでしょう。

ウズウズカレッジでCCNA資格をとってからの就職・転職は95%の成功率。
CCNA取得がどれほど就職・転職に有利かご理解いただけるはずです。

ウズウズカレッジでは「無料カウンセリング」実施中です!

インフラエンジニアはネット環境を維持する仕事。
インターネットが生活の一部となった今、世の中には欠かせない仕事になっています。

就職すれば8時間勤務3交代制が珍しくない環境のなか、インフラエンジニアの仕事は大変ですが、夢のある職業でもあります。

インフラエンジニアの平均年収は521万円と日本の平均年収よりも高く、なかには1,000万円オーバーのエンジニアも実在します。

参考:『求人ボックス』給料ナビ

つまり、CCNA資格を取ってインフラエンジニアになってからが「ITキャリア」のスタート。
そこから、あなたがどれくらいキャリアアップするかで「未来」が変わってきます。

CCNA資格の有効期限は3年です。
まずはCCNA資格をとって、3年後にキャリアアップを目指しましょう!

今回ご紹介したウズウズカレッジでお話しだけでも聞いてみませんか?
現在、ウズウズカレッジでは無料カウンセリングを実施しています。

ただいま応援キャンペーン中!1ヶ月集中して勉強すれば33,000円でCCNAが取得できます!

CCNAの資格を取るにはネットワークに関する高い専門知識が必要です。
いくら初歩的といっても容易に取得できる資格ではありません。

独学でも資格をとる人は確かにいますが、全体からみれば少数です。
それよりも上手にスクールを利用したほうが合格への予定が立てやすく、次の行動(就職・転職)にうつしやすいのではないでしょうか。

さらにいうとCCNAの受験料は1回36,960円(税込)。

1度で取得しないともったいないと思いませんか?

だからこそスクールを利用したほうが、じつはお得で確実なんです。

今回ご紹介したウズウズカレッジ【CCNAコース】では、現在応援キャンペーンをしており1ヶ月33,000円のサブスク料金でCCNA「学び放題」です。

回数のしばりはありませんので、1ヶ月だけのご利用でも大丈夫です。

もちろんウズウズカレッジですから、担当講師に「質問し放題」「試験対策し放題」、CCNA取得後は「就職サポート受け放題」です!

この機会にCCNA資格をとって、インフラエンジニアに就職・転職してみませんか?

ちなみにこの応援キャンペーン、すぐ終わるかもしれません!

まずは無料カウンセリングで話しだけでも聞いてみませんか?